県公立学校業務改善推進委員会 開催!

11月17日(火)、県庁北別館において、教職員の働き方改革について論議する県公立学校業務改善推進委員会が開かれ、町田賢一会長が教員代表として委員会に出席した。

会合では、県立学校での時間外勤務に関する調査結果などが報告された後、各委員から意見が出された。町田会長もオンライン会議(研修)の継続や変形労働時間制の導入についてコメントしたほか、働き方改革の本丸として、人材・マンパワーの拡充について強く訴えた。

詳しくは、栃教協教育新聞12月号をご覧いただきたい。

業務改善推進委員会