アイディアたまて箱

笑顔の練習 小・中学校

概要
六年生になると国語(光村)で「笑うから楽しい」という説明文教材がある。体を動かす(笑う)ことで、心も動かす(楽しい)ことができる、という内容である。そこで、栃教協のパワーアップ研修でも行った笑顔の練習を学級に取り入れたい。

内容・方法
朝の会で、日直が「笑顔の練習です。」と言い、隣の人と30秒間見つめ合う。男女のペアが望ましい。
ポイントは、①目を合わせること。②口角を上げながら上の歯を見せること。③目を逆の三日月の形にすること。形が作れない場合は、手で口角を上げてもよい。
慣れてきたら一分間に伸ばし実施する。

効果
朝、笑顔からスタートすることで、一日を楽しい気持ちでスタートする事ができる。学年に関係なく実施することができ、特に男女に距離感が出てくる小学校高学年以降でも、関係の改善が期待できる。初めは照れ笑いでも、継続することで笑顔を作れるようになってくる。ぜひ、朝の30秒、実施してみてほしい。

 〔栃教協専門委員会教育文化部〕

※このコーナーで紹介できるような先生方の日頃の取組やアイディアを募集します。書式は自由ですが、タイトル、対象学年、内容・方法、効果などをワープロソフトで作成し、栃教協にメールでお送りください。写真や図などがあると分かりやすいので、一緒に送付してくだされば幸いです。なお、日頃の取組やアイディアが採用された場合は、栃教協教育新聞に掲載するとともに、記念品(図書カード)をお贈りいたします。メールアドレスは、この新聞の1面に掲載してあります。会員の皆様からたくさんのご応募お待ちしています。