アイディアたまて箱

「復習5問ミニテスト(復習クイズ)」 (中学校全学年)

内容・方法

①社会科復習ミニテスト用のノートを一冊用意する。
(B5のノートを横方向に半分に切って使用)
②3~4人の学習グループをつくる。
③1班から順に、社会科の授業で学習したことをもとに、一問一答形式の問題を5問考える。
④①のノートに問題と答えを記入する。
⑤次の授業の最初の5分間に1班が教壇に立ち、クラス全体に出題し挙手をして答えを発表してもらう。
⑥5つの正解を黒板に記入し、出題を終える。

アイディア玉手箱 写真 

効果

生徒自身が前時の既習事項をもとに問題を考え、クラスに出題して答えを確認するので、主体性が身につく。また、少人数のグループで相談しながら問題を考えたり発表したりする活動は、相互のコミュニケーション力を高め、協同学習の実践となる。そして、前時の復習として行うため、基礎基本の学習事項を思い出しながら、本時の導入へとつなげることができる。この方法を知らなかった方は、ぜひ試してほしい。

 〔栃教協専門委員会教育文化部〕