養護教諭部・栄養教職員部連協部長研修会を開催

10月5日(土)に養護教諭部、栄養教職員部の連協部長研修会を開催した。

各連協から活動状況や折衝に向けての要望、活動の課題があげられた。

また、対県折衝の資料、内容の確認が行われた。

養護教諭部からは、年度初めの業務量を行うための工夫、児童生徒、教職員の心身の健康を担うための時間確保、事務量削減についてが主に話し合われた。また、養護教諭としての仕事だけでない庶務的仕事の多さ、小規模校では、給食の係も担わなければならないほど人員が不足している等の現場の状況が挙げられた。

栄養教職員部からは、単独校勤務と共同調理場勤務の仕事の違い、本務以外に担わなければならない庶務の多さ、給食受配校への支援がいきとどかない部分や現場職員に負担をかけてしまっているもどかしさ等の状況が挙げられた。

対県折衝では、現場の教職員の努力だけでは、解決できない現状について訴え、当局に理解と支援をいだだけるよう尽力したい。

養護連協部長研修(縮小)

養護教諭部連協部長研修会

191005栄養連協部長研修縮小

栄養教職員部連協部長研修会