県人事委員会へ要望!

7月10日、栃教協事務局は、県人事委員会に対し、平成30年度「職員の給与等に関する報告及び勧告」についての要望書を提出した。その後、教育専門職にふさわしい給与の勧告や新しい給与制度の確立、諸手当の改善を求め、要望内容について詳しく説明を行った。今後、8月の人事院勧告を受け、9月に再度県人事委員会に対し要望を行う。栃教協は、教職員が安んじて職務に専念できるよう、今後も関係諸機関に対し、給与・勤務条件等の改善を求めていく。なお、今回の要望内容については、7月の栃教協教育新聞に掲載するので、ご覧いただきたい。
DSC02267

DSC02273