ご挨拶

栃教協第17代会長 小林昭宏

栃教協第17代会長 小林 昭宏


教職員の「魅力度アップ」を!


 会員の皆様に御信任いただき、昨年度に引き続き会長の大役を務めさせていただくこととなりました。会員の皆様の期待にお応えし、未来を担う子供たちのために、誠心誠意、会長としての責務を果たしてまいる所存でございますので、変わらぬ御支援・御協力をお願いいたします。
 栃教協は昨年、結成55周年を迎えました。過去55年という長きに渡り皆様の御支持を得られましたのは、結成以来一貫して「子供たちのためになるかどうか」という価値基準を守ってきたからです。そして、「現場主義」を貫き、常に会員の小さなつぶやきにも耳を傾け、その声を集め、ほぼ100%という高い組織率のスケールメリットを生かし、「要望活動」・「研修」等を推進してくることができました。これが栃教協活動の「原点」であり、栃教協がこれから進むべき道の「起点」にもなるものです。
 国が進める働き方改革により、教職員の勤務環境がメディアで大きく取り上げられるようになりました。教員の長時間勤務や部活動顧問の課題等の悪いイメージが先行し、教職員の職業としての魅力が失われてきていると考えられます。そこで、今年度は、教職員の「魅力度アップを後押し、会員の皆様が心身共に健康で、「やりがい」をもって教育に専念できる環境を整えるとともに、「多忙感の解消」を目指し、教育界に山積する諸課題の解決に向けてアクティブに活動を展開したいと考えています。
 栃教協は、会員の皆様のために、提言書・意見書の提出や要望活動等を広く展開し、誰もが、安んじて職務に専念できるように、給与・勤務条件の改善、教育環境の整備、資質能力を高める研修の充実に取り組んでまいります。
 これからもより多くの方々から信頼される教職員団体として、その歩みを着実に進めていくためには、会員の皆様のお一人お一人の力が必要です。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。